LOVE AND SOWL!HADANO WIND ENSEMBLE official Website

『雨垂れ石を穿つ』という言葉

皆さんこんにちは!ホルンパートの小林です。

更新がズレてしまいましたね。申し訳ございません。

今週はウィンドの練習に加えて事務所でのホルンパート練習、市内中学校への指導等、充実した休日でした!

又、基礎練合宿後の合奏という事もあり、結構皆色んな事を考えながら合奏に挑ん出たと思います。

ところで、タイトルにした

“雨垂れ石を穿つ”という言葉ですが、

中国の書物「漢書」の「枚乗伝」に、「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」という一文があり、それが「雨垂れ石を穿つ」の由来と言われています。軒下から落ちる雨水も、長い年月が経過すると固い石でも穴を開ける事から、この諺が出来たようです。

日々思う事があります。本当の意味での団結とかチームワークって何でしょうか。

僕は、目標に向かって全員で進化する事かなと思います。

秦野ウィンドのメンバーは馴染みがあるかと思いますが指揮者の柴田さんは良く言うんですよ。練習のコツは『予習』だと。

これって何でもそうですよね。例えば大学受験で合格するために今日は英語の文法を覚えよう!とか、仕事取って来るために今日はこんな作戦で一日を過ごそうとか。

つまり、小さな進化の積み重ねが大きな目標を達成するって事が言いたくて、この諺を選びました!

そんな事分かっちゃいるけど、惰性で生きてしまいがちですよねー。大切な事に気づかせてもらえる秦野ウィンドです!

さて、来週の練習でいよいよ【本町公民館祭り】一週間前!

それぞれ進化して本番を迎えます。

是非皆さんも聞きに来て下さい!