LOVE AND SOWL!HADANO WIND ENSEMBLE official Website

吹奏楽フェスティバル?

今日はいよいよ吹奏楽フェスティバル!毎年とても盛り上がるイベントなので、数日前から次第にテンションが上がっていました。
おまけに今回の打ち上げではピザが食べれるとあって、喜びが倍増です。

で、その前に自分はフェスティバルの役員なので開場前に集合ですが、途中ワイシャツを持ってき忘れた事に気付き、取りに戻った為、20分程遅刻しました…でもまぁ、ゆかりん(注:小田高の先生)に遅れますメールを送って伝えてもらったので、開き直ってローリングストーンズの「Live Licks」をかけまくって到着しました。
あ、伊藤君も横にいました。

会場に着くと遅刻した事も忘れ、まずは伊東先生(注:小田ビジの先生)に挨拶に行きました。相変わらず可愛い…
また、今回は放送になった田尻先生(注:中原中の先生)にも挨拶。 相変わらず美しい…
これで美人達に挨拶という使命を完遂。

んで、7番ドアに張り付いて違反者捜索を開始です。

実は一緒に係になった向上高校の女の子達に「俺、寝てるから変な人がいたら起こして」とか「なんかさ、放火とか刃物を振り回したりとかする奴いないかね?刺激が欲しいよ」などと言って盛り上がっていました。

ちなみに昨年は携帯を見たりしていた違反者を3人捕まえ(その内一人はい○みちゃんの父上だったが…)ましたが、今年はぞくぞくと違反者がいて、最初の一時間で10人程捕まえ(注意)をしました。

もう、見つけるのが楽しくて楽しくて、他の人のエリアまで遠征して「携帯は電源を切って下さい。没収されますよ!(ビシッ)」と言うのがとても快感でした。

しかし、午前中に一緒に働いた向上高校の男子生徒達が違反者狩りを開始したので、全然獲物がいなくなってしまい、後半は長時間立ってるのと空腹でイライラしていました。

向上の男子達、いい働きだぞ!!

やっと昼食になり、支給される弁当を受け取りに行くと支給係でカンカンとはるがいました。

彼女達と立ち話をしていると、他の人が弁当を受け取りに来たので「気を付けて下さい。

この子達、さっき尻をかいたりしてましたよ。
食中毒になりますよ!」なんて飲食店で言ったら通報されそうな事を言って遊んでいました。

弁当を食べ終わり、午後から再び7番ドアに張り付き、違反者捜索開始です。

午後になるとウインドのメンバーがチラチラ目撃されるようになります。おまけに久々のもも(く)も両親と来ていてご挨拶。もも(く)美人になったね! 早く戻っておいで。

しかし中でもひどかったのはカニマタ、伊藤、なおで、それまでだらけて演奏を観ていたのに、伊志田高の演奏になり女の子達が回転する度に見えるパンツを身を乗り出して観ていました。 気持ちはわかるが…

それにしても伊志田は明るくて演出や演奏もしっかりしてて楽しかったですね。

もちろん小田ビジも完成度が高くて素晴らしかった!

で、いよいよ14:30になり暑い会場から出て、毎年恒例になったアロハ、短パン、ビーサンにお着替え。もう涼しいし、動きやすいし、快適だし、安心出来ました。

しかし、去年はこの衣装でおまけに雨で肌寒かったので、大勢風邪をひくと言う惨事になりましたね…

さて、一階の展示室に向かうといました、ハワイ帰りのようなアロハの集団。これだよ。いよいよフェスティバルの演奏だぜ。
なんて気合が入ってると、曽屋高の福島先生から「秦野ウインドさん、まだ来るのが全然早いよ! コーヒーでも飲んで来て」と展示室から追いやられる始末…
だって早くピザ、じゃなくて演奏したいんだもの。等とぼやきながら待機。

その内に柴田さん、ゆりか、加藤さん等も合流し、更にカエルスーツに身を包んだこまきも来ました。

姫(めぐみちゃん)が自分の帽子に付いているラビー(超可愛いクモ)を見て大喜びしてキャーキャー悲鳴を上げていました。
そんな事をしている内に誘導係が合流。 

今年は大磯高のあべ君でしたが、今回も盛り上げて(からかって)暇つぶし。

ステージ脇に待機した時は大原高の演奏が始まり、これも毎年恒例の小芝居。これでお客さんが温まり、いよいよ今回のフェスティバルのラストバンド、秦野ウインドアンサンブルの出番となりました。

ステージに進んでいる最中に会場がざわめき始め「これはいい兆候だ」などと一人でワクワクしました。

ジャパニーズグラフィティが始まり、ソロになってからいくみちゃんが登場。さすが、直前でよく思いついたと関心しました。
やっぱ、根っからのスターだね。

今日の場内係で気づいたのですが、いくら上手な団体でもお客さんが盛り上がらないと手拍子は起きません。
ウインドの場合、ジャパグラの2曲目の北酒場ですぐに手拍子が起きたので、盛り上がっているのを実感出来てテンションが上がり続けました。ラストの勝手にしやがれも上手く行き、いよいよLove Pop Soulに続く、って時に急に心臓の辺りの胸が痛くなり「おぉ、来た!終わりか?カッコいい!」って咄嗟に思いましたが、あ、それもダメだ、と思い直し、「ウインドの神様、死んでもいいですが、次のLove Pop Soulまでは生かして下さい。いやピザ食うまではダメです!」などと心の中で叫んでいました。
結局治っちゃったんだけどね。

で、まぁLove~もテンションが上がりすぎ、同様にエキサイトした伊藤君のテンポにみんなが同調して高速Love Pop Soulと変貌して終わりを迎えました。これも毎年恒例ですが、フェスティバルは本当に楽しいですね。
打ち上げでも言いましたが、本当にあちこちの人達からお褒めの言葉を貰い、感動しました。打ち上げに向かう車中で興奮気味の信太とウインドについて語り合いましたが、信太も大人になりましたね。今やウインドには欠かせない存在です。

初めて来た頃は、庄司さんにタメ口をきいて殺されると思っていた程ですが、とてもしっかりして自分の意見を言うようになりました。
これも感動ですよ。

話は反れましたが、この楽しい思い出を与えてくれたのは、やまやんこと山田先生や今回の取りまとめ役の清水先生を始めとする役員のみなさん、向上高と大磯高のスタッフ、いつも元気を分けてくれる伊志田高のみんな、久しぶりに会っても挨拶してくれた秦総のみんな、いつも助けてくれる柴田さん、加藤さん、サックスを大いに盛り上げてくれる真希、優衣、直前で参加してくれてみんなを和ませてくれる咲樹ちゃん、の本当にたくさんの人達です。 
本当に今日はお疲れ様でした。 
そしてありがとうございました!

そして今日のフェスティバルではウインドの神様に恩返しが出来たと思います。
あと2ヵ月頑張りましょう。 Rock me baby!!