LOVE AND SOWL!HADANO WIND ENSEMBLE official Website

4月10日(暑かった)

映画館に足を運んび、今年のアカデミー賞にノミネートされた映画「第9地区」をワクワクしながら観ているのに、顔がヒリヒリして集中できない・・・
同じくノミネートされ、4つの賞を獲得した「ハートロッカー」に次いで面白い映画にも関わらず日焼けで顔が痛い・・・
その理由をたどると、4月10日の芝桜祭りの演奏に至る・・・

4月10日は曇っていたのは最初だけ、カトリーヌ、真希、優衣、阿部君と水無川沿いに作られたステージ横に集合した時から天気が良く、気温がグングン上がり始めた。
ステージに乗った時には上からの日差しと床と川面からの照り返しで暑いわまぶしいわで、対岸の桜の下でビールを飲んで手拍子している人達に殺意を覚えそうになる自分と闘ってました・・・
自ら司会を買って出てくれた山本君は緊張から、と言うより力を抜き過ぎなのか噛みまくってとても面白かったね。もう次からは寛さんお願いします!
でもまぁ、気をつかいすぎて考え事をして間違えまくった自分と、何度言ってもテンポが上がってしまうカニマタを除けば、みんな楽しそうに演奏していて良かったね。
いつも通り楽しく明るく吹いてくれる育美ちゃん、中学の時から人前でも堂々とソロを吹く真希と優衣、響き渡ったれなちゃんのホルン、みゆきちゃんが急に出れなくなっても
しっかりフルートパートを支えてくれたれいなちゃんとみほちゃん、少ない練習時間で頑張ってくれた西中生達、柴田さんと小川さんの心強いサポート、そしていつも明るく秦野ウインドアンサンブルを形作ってくれているメンバーのみんな・・・これが秦野ウインドの良さなんだな、と最近つくづく思いますよ。 ・・・なんか俺死ぬんじゃないか?
あ、北村さん達、芝桜まつりの実行委員会のみなさんもとても親切で明るい方ばかりで安心して演奏が出来ました。 本当にありがとうございました。
来年は弁当を寿司の詰め合わせやうな重なんかもいいな・・・ダメでしょうね。
楽器運搬を手伝ってくれた秦野総合吹奏楽部の人達もありがとう! また手土産を持って挨拶に行くからね!
そしてなぜか「クライマックスジャンプ」のメロディーが頭から抜けなかった・・・

で、18時からは来るジャスコでの演奏の練習です。 場所はみんな大好きサイゼリヤ、じゃなくて堀川公民館ね。
ところで最近のウインドって参加率が多いよね?弥生先生なんかは痛感してるだろうけど、何年か前は合奏練習が10人いるかいないかが当たり前だったのに、
今じゃ、個人練習に19人も来るんだから・・・ 先週の個人練習なんか文化会館の第二練習室にみんな詰め掛けて、事務所の人に定員オーバーだって注意されましたよ。
ほんとにみんな楽しそうにしていて、仲がいいね。特に桃の活躍は目立っていて、石田さんや加藤さん(お待ちしております。)の年配者から年下の中学生ともいつの間にか仲良くなっていてみんなで笑ってるからね・・・ 桃の人柄だろうね。 いつか桃にウインドを支配された時にいじめられないように、ゴマすっておこっと。
この日の練習は山本君の基礎練から始まり(みんなの辛そうな顔を見た山本君の笑顔はいつも通りね)、20時から合奏。
「疲れてるの俺だけ?」と思わずにいられないほどみんなノリノリで合奏してました。なんの曲を練習したかはネタばれするから5月2日のジャスコまで内緒です。
ヒントは「軍艦マーチ」はやらないって事くらいかな。ねぇ、副代表?
で、練習中にだんだん顔や首筋がヒリヒリし始めておかしいと思ったら昼間の演奏で、日焼けして真っ赤になってました・・・
顔なんかどう見たって酒飲んでるようにしか見えないんだもの・・・ 痛いわ、笑われるわでほんとに辛かったですよ。
この痛みは翌日曜日まで続きます・・・(冒頭部分に戻るわけね)
あぁ、それとこの日からいよいよホルンのかれんが合流しました。 楽しくていい奴だから、ウインドが更に賑やかになるね。
ジャスコの演奏も大いに盛り上げましょう!!!

まだまだ書きたい事がたくさんあるんだけど、明日は寛さんと飲むから寝ようっと。
ではみなさん、おやすみなさい。 I’ll see you in my dream・・・

「第9地区」は面白いし見ごたえがあるけど、グロいから気をつけてね。 今週末は「シャッターアイランド」です。