LOVE AND SOWL!HADANO WIND ENSEMBLE official Website

活動ブログ【2011年05月07日】

場繋ぎの後に記載する予定でした先週分のブログは記載は中止とし、5月7日(日)の活動ブログを書くことにしました。
5月29日の渋沢公民館でのミニコンサートまで1ヶ月を切り、また節電対策の公民館の17時以降閉館の縛りも無くなり、参加人数が大幅増加しています。
先週1名だったトロンボーンも5人と充実。他のパートも人数が良い感じになってきています。
練習は丸秘案件の練習+ミニコンサート用の練習の2本建てでした。
ミニコンサートは予想道理の演出付きです。
練習場所は堀川公民館で指揮は山本先生と寛先生。
山本先生から、”演奏もまっとうに出来ていないのに、演出はやめたほうが良い。真剣に演奏しようとしている人は離れていく。こんなんでは指揮はしたくない”的な厳しいコメント。
寛先生からは、音を出せば良い時期は過ぎた。曲作りのフェーズだからしっかり演奏するようにとの、やはり厳しいコメント。(寛先生も先週から無茶厳しい。腰痛のせいか。)
指揮者も自分の指揮する曲は最高にしたいとの心情はもっともであり、真剣に練習しなければとの思いが・・・・。
現状は、なんかノダメカンタービレの最終楽章前編の千秋が急遽ルー・マルレ・オーケストラの指揮を振ることになった状況に近いか。
でも最後は良い演奏するんだよね。
このノダメカンタービレの最終楽章は、この前テレビでやっていたが、相当端折っていてあんまり面白くなかった。
テレビでしか見ていない人は、DVDなどで見直した方が良いですよ。
ちなみに練習で私のソロのとことは私だけのはずが何回やっても、誰かが音を入れました。
音が違う小節で出るということは、まだ譜読みが出来ていないのです。きっと。(本番1ヶ月切ったぞ。)
でも今日のソロはなんか全然吹けてなくてしょうがないだけど。
先週は吹けてたのにな。連休ボケかな。唇がマウスピースに全然フィットしなかったな。

今日の書き込みはシャオリンでした。